統合失調症と向き合う

体験者の声 医療者・支援者の声 家族の声 私たちの活動紹介 イベント おしらせ
大竹真人さん
大竹真人さん
(おおたけ まさと)
1981年(昭和56年)生まれの36歳(収録時)。大学を卒業して社会人1年生の22歳の時に、発症。現在は、週5日午前10時〜午後2時までパートとして働いている。4年前にピアノを習うようになり、以来、ピアノ演奏がこころの拠り所になっているという。
movieImage
<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  >>
3入院治療について
Q.入院時はどのような治療を受けたのでしょうか

「基本的に薬物療法と、あと、まあ、じっとしていることですかね。食事をきちんと摂ることとか、そういったことだと思います。

作業療法的な……、あまり作業療法について詳しくないので、もしかしたらこれが作業療法だったけども、私が憶えていないというものもあるかもしれません。すみません。」

Q.入院の経験は何回ですか

「その時が初めてだったので……。えっと、通院していたのですけどまた再発して入院ということだったので、計2回ですね。(2回目は)それもあまり記憶にないのですけど(初回から)だいたい3年ぐらい経ってからですね。

言うのも恥ずかしいのですけど、薬をちゃんと飲んでいなかったということが大きな原因だと思います。毎日薬を飲むように主治医には言われていたのですけれども、どうしても調子が良い時は、薬を飲まないことがあったので。自分の状態を過信しすぎて、薬を飲むのを止めてしまった結果、病気が再発して再入院ということになったことが、大きな原因だと思います。

2回目(の入院期間)も3か月でしたね。(それ以降の)入院はないです。」

Q.入院中こころに残っているエピソードがあれば教えてください

「美人な看護師がいたとか……(笑)、まあ、よくある話なのですかね。親切にしてくださるとやはり嬉しいじゃないですか?で、いろいろ話を聞いてもらったりしながら、『あ、この人いいなあ』とか思いながら……、そういった入院生活でしたね。」

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  >>