統合失調症と向き合う

体験者の声 医療者・支援者の声 家族の声 私たちの活動紹介 イベント おしらせ
大竹真人さん
大竹真人さん
(おおたけ まさと)
1981年(昭和56年)生まれの36歳(収録時)。大学を卒業して社会人1年生の22歳の時に、発症。現在は、週5日午前10時〜午後2時までパートとして働いている。4年前にピアノを習うようになり、以来、ピアノ演奏がこころの拠り所になっているという。
movieImage
<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  >>
7辛かった時
Q.今まででいちばん辛かったのはいつ頃ですか

「やはり入院していた時ですね。(2回とも)両方ですね。さっき、美人の看護師がいたからと話しましたけど、やはり、ずっと病室にこもって、ずっとベッドの上で寝たきり。ほぼ寝たきりだったのですけど、やはりそれは辛いですね。

その時、話す相手は看護師だけでしたし、他の入院されている方々とは、はっきり言って、それほど仲良く接してはいなかったというか、これはなかったので、どう接すればいいか分からなかったのでその時。話し相手がいなかったその時がいちばん辛かったですね。いちばん青春真っ盛りな時期で発症してしまったので、やはり辛かったですね。

やはり、私も死にたいと思いました、その時は。毎日毎日、『もう私はこのまま死んだほうがいい、死んだほうがましだ、死んだほうがましだ』とずっと思っていて。今思うと涙が出そうなのですけど……。やはり辛かったですね。毎日、ベッドの上で、このまま目が覚めないほうがいいのはないかとか思っていましたね。」

Q.現在、あなたを支えているものは?

「ピアノですね。

(ピアノの仲間は病気のことを)知っています。やはり、気にはしてくださると思うのですけど、私、たぶん見かけは統合失調症には見えないと思われているようなところがあるので……。『大竹さんってそんな精神障害者なのぉ?』と、不思議そうに思われているところはありますよね。まあそれが心地いいのですけれど(笑)。」

Q.今後の展開や希望などは?

「実は今の職場に勤め始めたのは、1年と1・2・3・4か月前ですね。なので1年4か月間続いているということですね。まず最低3年は絶対に今の職場に勤めようと思っているのですね。もしこれがほんとに3年続くようであれば、もしかしたら、次のステップが見えるかもしれないというふうに考えていて。

今の職場にずっと勤めるのも選択肢としてはありなのですけれども、もしかしたら他の企業で自分を必要としてくれるところがあるかもしれないというふうに思っていて。今、そのための勉強というか、資格の勉強なのですけどもそれを始めております。

ま、これはやはりこじつけかもしれないのですけど、ピアノのお陰で生活が安定したのですよ。精神も安定して、本当にいろんなことにチャレンジしようという気になれたので、本当にピアノには感謝ですね。」

Q.結婚については?

「今は、特に好きな人がいないのですけども、将来、好きな人が現れて、その人と縁があって結ばれたら、その人のために人生を使いたいと思うのですよね、やはり。その人を幸せにするために頑張って働きますし、ピアノも聴かせてあげたいですし、いろんな話もしたいですしね。ま、そういった夢は今でもずっと、昔からそうなのですけど夢はあって、その夢を叶えるために今頑張っているところですかね。」

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  >>