このサイトをご覧になる方へ

このサイトでは、病気を体験された方やその支援者あるいは医療従事者のさまざまなメッセージを動画でご紹介しています。それをご覧いただくことで、病気に対する不安が少しでもやわらぎ、病気と向き合ううえでのヒントや治療にのぞむ勇気を得ていただくこと、そしてより多くの方に病気への理解を深めていただくことが、このサイトの願いです。 現在、「がん」をテーマにした「がんと向き合う」と、統合失調症を含む精神病性障害をテーマにした「統合失調症と向き合う」を開設しています。

医療情報の質について

このサイトを運営するJPOP委員会では、サイトでご紹介する内容がはたして社会の役に立つものであるかどうか、また医療情報として適正なものであるかどうかを評価分析するために、JPOP-VOICEの基本方針や計画については倫理審査委員会による厳正な審査を受け、個別の取材内容についてはさまざまな立場の方や専門家から評価・分析を受けています。より多くの方に病気に対する理解を深めていただき、病気と向き合ううえで役立つサイトとなるよう、これからも情報の質の向上に努めてまいりたいと思います。

倫理審査委員会 承認年月

<JPOP-VOICE がんと向き合う>
・2008年11月 財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 倫理審査委員会の承認取得 >>インタビュー説明文書様式 pdf

<JPOP-VOICE 統合失調症(を含む精神病性障害)と向き合う>
・2009年3月 都立松沢病院 倫理審査委員会の承認取得
・2009年4月 財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 倫理審査委員会の承認取得 >>インタビュー説明文書様式 pdf

免責事項

JPOP-VOICEでは、体験者の思いや経験を尊重して、出来る限り発言内容の忠実な再現につとめています。しかしご紹介する内容は、あくまでも一個人としての経験や考え方であり、必ずしもその時点における標準的な治療法等と一致するとは限りません。また同種の治療を受けた方でも、その有効性や副作用等には個人差が生じえます。さらに、収録時に語られた思いや経験は、必ずしもその方の直近の考えや状況を保証するものではありません。それらを十分にご理解いただいたうえで、利用者の責任においてコンテンツをご覧いただきますようお願いいたします。 個々の利用者の治療上の問題について、JPOP委員会はいかなる責任も負うものではありません。

運営・制作

運営
後援
日本統合失調症学会
(JPOP-VOICE統合失調症(を含む精神症性障害)と向き合う)
情報考査

下妻晃二郎
(立命館大学 生命科学部 生命医科学科 教授)

岡崎祐士
(東京都立松沢病院名誉院長)

福田隆浩
(国立がん研究センター中央病院 造血幹細胞移植科 科長)

取材協力
映像協力
マークワン
ブレイクタイム
キーワード
ウェブデザイン
編集・制作