統合失調症と向き合う

体験者の声 医療者・支援者の声 家族の声 私たちの活動紹介 イベント おしらせ
寺島昭さん
寺島昭さん
(てらしま あきら)
1976年(昭和51年)生まれの41歳(収録時)。24歳頃に睡眠障害が出て精神科を受診。「うつ状態」からその後、27歳の時に統合失調症と診断された。入院の経験は無い。武道など身体のトレーニングで症状が良い状況に。現在は、就労継続支援事業所A型とリサイクルショップの2つで週5日、午前10時〜午後5時ぐらいまで働いている。
movieImage
<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  >>
1日常の生活について
Q.現在の普段の生活を教えてください

「今、就労(継続)支援A型(事業所)に勤めていまして、もう一つお店を二股でやっております。リサイクルショップなのですけども。

(事業所は)倉庫の管理とか、お店のほうはレジの補助をやっていたりしています。あとは、裏方のほうで、捨てるものとか服の整頓とかそういうことをやったりしながら、雑務を結構いろいろやっています。倉庫ではこういう格好でいいのですけど、(店頭)ではエプロンをしてやっているのですよ。ちゃんとネームバッチを着けて。

平日は、10時から始まって、(午後)5時で終わるのですけれども、たまに遅くなって、6時までやる時もあります。週5日ですね。今、シフト制なのですけども。

土日は休みなのですけど、休みの時はほとんど毎日やっているのですけど、ジムに通ってトレーニング、あと今、ジークンドー(裁拳道)という武術をやっているので、そのシャドウをやっています。

(住まいは)一戸建てのマイホームで、父と二人で住んでいます。父が、身体障害の3級を持っていまして、それで、プチ介護をしながらやっています。」

就労継続支援(A型)事業所:一般企業等での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識および能力の向上のために必要な訓練を行う事業所で、A型とB型があり、A型は雇用型(雇用契約を交わす)、B型は非雇用型(雇用契約を交わさない)事業所のこと。
<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  >>